トレンド継続中! 女度を上げる今年らしいオフショル着こなしに大注目♡

2017.6.21

春先からこの夏にかけてのトレンドの代表格ともいえる"オフショル"。
だけど、そろそろスタイリングがマンネリ化していませんか?
そこで、昨年とはちがった今年らしいオフショルの着こなしをたっぷりご紹介!
ほどよい肌見せで存分に女度を上げましょう♡

フレアの袖がアクセントに。袖コンシャスで旬度アップ!

出典:itSnap

モデル、社長
本谷紗己サン(162cm)

デザイン袖は今年を象徴するアイテム。
ふんわり広がったボリューム袖で手首の細見え効果も。
パンツのヴィンテージ花柄と合わせれば、ますます今年顔に。
全体を落ち着いたトーンでまとめることで、甘さをおさえた大人のリゾートコーデに仕上がっています。

オフショルトップス 約¥7,000 / #girl
花柄フレアパンツ 約¥7,000 / #girl
ショルダーバッグ 約¥3,000 / Girly Doll
レースアップジュートソールサンダル 約¥14,000 / SLY
ピアス 約¥1,000 / H&M
サングラス 約¥3,000 / ZARA
(アイテム、価格はすべて本人申告)

鮮やかなパープル&バックコンシャスで一気に今年モード♡

出典:itSnap

会社員
佐野由奈サン(158cm)

定番になりつつあるデニム×オフショルの甘辛ミックスも、鮮やかカラーに変換するだけで今っぽい。
ウエストシェイプでレディな味付けを。

出典:itSnap

実は、このオフショルは背中に大きなリボンがついているバックコンシャスのデザイン。
背中まで抜かりなく、女らしさを魅せるのが新定番。

オフショルトップス 約¥12,000 / The Virgnia
ストレートデニムパンツ 約¥8,000 / UNITED ARROWS
バッグ / miu miu
ジュートサンダル / DIANA
ビジューピアス 約¥2,000 / ZARA
サングラス 約¥30,000 / PRADA
(アイテム、価格はすべて本人申告)

大胆な肌見せ×リラックスボトムのバランスが新鮮

出典:itSnap

アパレルスタッフ
宮崎さやかサン(168cm)

旬のストライプで、今年らしさをしっかりアピール♡
上半身は大胆な肌見せで色気を出しつつ、やわらか素材のスカーチョを合わせてリラックス感をプラス。
このキメすぎないバランスが絶妙です。
小物も白でまとめて、さわやかなツートンコーデのできあがり。

オフショルトップス 約¥5,000 / ZARA
スカーチョ / rous
チェーンバッグ 約¥500,000 / CHANEL
エナメルパンプス 約¥30,000 / Repetto
ピアス 約¥3,000 / STYLENANDA
ネックレス 約¥5,000 / BCBGeneration
サングラス 約¥40,000 / TOM FORD
(アイテム、価格はすべて本人申告)

トレンドの花柄で“レトロ可愛い”を印象づける

出典:itSnap

大阪芸術大学三回生
今西由記サン(171cm)

レトロな花柄デザインが、今年らしくこなれ感をアップさせる。
小物も主張しすぎないシンプルなデザインをチョイスして、ワンピの魅力を引き立てます。
ちょっぴりスパイスの効いたKENZOのメタリッククラッチバッグを1点投入して、ほどよく個性出しも☆

花柄ワンピース / Cepica
メタリッククラッチバッグ / KENZO
厚底サンダル 約¥2,000
ピアス 約¥300
チョーカー(3点セット) 約¥1,000 / Stradivarius
(アイテム、価格はすべて本人申告)

エスニックテイストの柄トップスで派手かわを実現♡

出典:itSnap

モデル、ダンサー
藤田真奈サン(167cm)

今季も注目株のエスニック!
全体のテイストを統一したスタイリングだから、まとまり感のある印象に。
デニムのすそはたっぷりのフリンジでトレンド感を底上げ♪
ヘソ見せすることでヘルシーな色気も感じさせます。

エスニック柄オフショルトップス 約¥700 / H&M
すそフリンジクロップドワイドパンツ 約¥4,000 / ZARA
ロゴクラッチバッグ 約¥4,500 / Lee
ストーンサンダル 約¥8,000 / one way
ピアス 約¥2,500 / antiqua
レースチョーカー 約¥800 / FOREVER 21
リング(3つセット) 約¥3,000
(アイテム、価格はすべて本人申告)

オシャレガールズの最先端コーデはアプリでチェック♡

Photographer/Akinori Matsumura(CREATIVE SUITE) [本谷紗己、宮崎さやか、今西由記、藤田真奈分]、Sho Ito [佐野由奈分] Text/Kasumi Ito(vivace)

この記事の関連リンク