• ホーム
  • 目の下のクマを簡単に消す方法♪効果抜群のPRP療法「ぷるぷる注射」をお試しレポ!

目の下のクマを簡単に消す方法♪効果抜群のPRP療法「ぷるぷる注射」をお試しレポ!

PR作成:2020.5.21更新:2020.5.21

老けやお疲れ顔の原因といえば、目の下あるクマですよね。コンシーラーを使ってもなかなかうまく消せないとお悩みの方も多いはず…。でも実は、簡単にクマを消せる方法があるんです! 今回は、自分の血液を使って簡単&きれいにクマが消せる「ぷるぷる注射」についてフィーチャー♡ クマの種類や原因をおさらいしつつ、実際にモデルの小濱庸子サンが「ぷるぷる注射」を体験した様子をご紹介します。クマに悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

悩んでる女性が多数!そもそも目の下のクマって?

友達や同僚に会った途端、「疲れてる?」なんて言われた経験はありませんか? 寝不足でもないし思い当たる節もないのに鏡を見てみると、目の下にはくっきりとしたクマが…! それでは、せっかくのメイクもスキンケアも効果半減ですよね。

そもそもクマとは、目の周りが暗くくすんでいる状態のことで、一口に「クマ」といっても、実は種類があるあるんです。クマのタイプによって原因も違うので、自分のクマはどのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう♪

あなたのクマはどのタイプ?種類と原因をチェック

3タイプのクマとその見分け方

クマには茶クマ・青クマ・黒クマの3タイプがあります。自分のクマがどのタイプか見分けるためには、目尻を優しく引っ張ってみるとわかります。引っ張った時にクマの色が変わらず、クマと皮膚が一緒に動くという人は茶クマ。引っ張った時に、クマの位置は変わらず皮膚のみが引っ張られるという人は青クマ。引っ張った時に、クマ自体が消えるという人は黒クマです。

茶クマの原因って?

茶クマのイラスト

茶クマの主な原因は、色素沈着やメラニンの過剰生成です。目をこすると悪化してしまうので、花粉症やアレルギーをお持ちの方、そしてメイクを落とす時にゴシゴシと力を入れている方は要注意! そんな茶クマを解決するには、美白効果のあるコスメを使用して、肌の代謝を高めのがおすすめです。

青クマの原因って?

青クマのイラスト

青クマの主な原因は、血行不良です。目の下の皮膚は、顔の中でも一番薄いので、血行不良による静脈の滞留が透けてしまい青く見えてしまうんです。冷え性の人は、特に青クマができやすく、冷えやすい冬場の時期には青クマの人が急増します。

黒クマの原因って?

黒クマのイラスト

黒クマの主な原因は、皮膚のたるみです。茶クマや青クマと違い、皮膚自体の色が変わっているのではなく、皮膚のたるみにより、影ができて黒く見えてしまっている状態です。加齢とともに肌のハリがなくなり、たるみも目立ってくるので、それに伴い黒クマも現れやすくなります。

若返り効果も絶大!PRP技術の「ぷるぷる注射」なら全タイプのクマが消せる♡

3タイプのクマを紹介しましたが、実はどのタイプでも簡単に消せる方法があるんです! それが、PRP技術を応用したプルージュ美容クリニックの「ぷるぷる注射」。特に青クマと黒クマに悩む方に人気で、「若返りたい」「疲れて見えるのを解消したい」「悲壮感が出るのをなくしたい」という、20〜50代と幅広い世代の女性から絶大な支持を集めています。

「ぷるぷる注射」の特徴と4つの人気理由

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ様子

「ぷるぷる注射」とは、自分の血液を使って肌の根本から若返らせる肌再生治療のこと。血液の中には、大量の成長因子が含まれていて、その成長因子が細胞を活性化することで、組織を再生・修復するそう。「ぷるぷる注射」には、血小板の多い血漿(PRP※)が使用されているので、このPRPを注入することで、肌の再生能力を最大限に引き出すことができる注射なんです! しかも、その効果が長期間持続するというのが大きな魅力♡

そんなプルージュ美容クリニックの「ぷるぷる注射」が人気なのには、しっかりとした理由があります。早速、その理由をチェックしていきましょ♪

※PRPとは:多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)のこと。自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織再生能力で、自分の肌細胞を再生させるための成分。

人気の理由1:オリジナルのPRP作製法で超濃厚濃度

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」の説明イラスト

「ぷるぷる注射」に使用されるPRPは、プルージュ美容クリニック独自の遠心分離技で作成されたもの! そのため、従来のPRPでは3倍程度が限界と言われている濃度を、なんと最大30倍まで高めるとこに成功しています。他院にも似たような療法はありますが、根本的に「ぷるぷる注射」とは違う可能性がある上に、どんなPRPでも良いといわけではないので注意が必要です。

人気の理由2:肌再生効果が3年以上持続

「ぷるぷる注射」では自分の肌自体が再生されるため、クマが改善された状態が3〜4年以上と長期間持続するのが魅力♡ 加齢にともなう変化によって他の部分と一緒に消えていくので、長い人だと5年以上効果が持つことも!

また、ヒアルロン酸などの注射の場合、目の下の皮膚が薄いため注入した薬剤が透けて見えたり、ポコっと膨らみが強調されてしまうのに対して、「ぷるぷる注射」では自分の細胞を注入するので、浮いて見えることなく自然な仕上がりになります♪

人気の理由3:高い安全性と痛みへの配慮

注射と聞くと、やはり「安全面は?」「痛いの?」と気になる人が多いですよね。「ぷるぷる注射」では、自分の血液を使用するため、アレルギーなどの副作用はほぼありません。また、使用する針は極細で、施術中に痛みを感じさせない心配りがされているので安心して施術できます♪

人気の理由4:国内外で認められた技術

「Tissue Engineering」で紹介された論文

プルージュ美容クリニック理事長は、PRPがメジャーになる前から、PRPを使った再生医療の研究を重ねていたんだそう。その研究は2012年に、組織再生工学の国際的ジャーナル「Tissue Engineering」でも紹介されています。また、独自のPRP作製法はアメリカで特許も取得しており、国内だけでなく海外でも高く評価されています。

実際に「ぷるぷる注射」を体験!超高濃度PRPで目の下のクマを解消♡

プルージュ美容クリニックの入り口のロゴと小濱庸子サン

青クマにお悩みというモデルの小濱庸子サンに、実際に「ぷるぷる注射」をお試ししていもらいました! すっぴん時にクマを指摘されることが多く、特にスマホを見過ぎた時や寝れなかった次の日、アルコールを飲みすぎた時には、青クマ特有の”げっそり感”が気になるんだとか。改善のためにホットアイマスクやマッサージで血行改善を試してみるものの、中々消えないそうです。

さらに、ファンデーションやコーンシーラーを使っても、目の下だけ厚塗りになってしまったり、気づいた時にはヨレてしまっていたりと、クマへの悩みが尽きないんだそう…。そんな小濱サンの目の下のクマは、「ぷるぷる注射」できれいに消えるのでしょうか?

初めてでも安心♡「ぷるぷる注射」施術の流れ

カウンセリングで相談

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」のカウンセリングの様子

まずは、丁寧なカウンセリングからスタート。悩んでいる部位や症状を先生に伝えます。そして、先生が診察や触診をした上で、どこに注入するか、どのくらいの注入量が必要かを提案してくれます。しっかりと自分の要望を伝えて、相談しながら決められるのが嬉しいですね♪

目の下のメイクだけオフ

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」の施術レポート_メイク落とし

置いてあるメイク落としシートを使って、目の下のメイクだけを拭き取りオフします。すっぴんで来院される人も多いそうですが、これならメイクしたまま来院し、完全にすっぴんになる必要もないからお手軽ですね! お出かけ前やお仕事帰りにも気軽に来院できそう♪

採血&PRP作成

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」のために採血する様子

注入するPRPを作成するために採血をします。看護師さんとお話ししながら採血していたので、気づけばあっという間に採血が完了! 腕にテープを巻いてしばらく止血します。その間に、別室にて採血した血液から自分だけのPRPが作られます。

塗った後が写真映え⁉︎表面麻酔を塗布

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ前に表面麻酔を塗る様子

クリーム状の表面麻酔を目の下の肌に塗ります。塗っている間は、ちょっぴりヒンヤリして麻酔が効いている感じがするそうで、痛みなどはないそうです!

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ前に表明麻酔を塗った状態

両方の目の下に塗り終えたら、その上からラップをして20分ほど置きます。その様子がカメラアプリを使っている時みたいで可愛いと、自撮り写真をSNSにアップする子も多いんだとか♡

施術箇所をマーキング

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ前にマーキングする様子

表面麻酔を拭き取ったら、施術箇所をマーキングしてもらいます。目の下の膨らみは、年齢とともに大きくなりプクッと前に出るんだそう。そこに影ができてクマが強調されたり、お疲れ顔に見えてしまうんだとか。今回は「ぷるぷる注射」に加えて、目の下の膨らみ・眼下脂肪をボリュームダウンする「脂肪溶解注射」もセットで施術することになりました。

「ぷるぷる注射」で目のへこみをキレイにしてあげるだけでもいいですが、「脂肪溶解注射」を併用して、目のへこみ×と膨らみの両方からアプローチすることで、よりキレイにクマが消せるそうです♪

自分だけのPRPが完成!使用する注射はこちら

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」に使う注射一覧

先ほど採血した自分の血液からPRPが完成! 左2本の肌色の注射がPRPが入った「ぷるぷる注射」です。中央の長いのは脂肪溶解注射、一番右にあるのは局所麻酔で、今回使用する注射はこちらの全部。局所麻酔には、医療用の中でも一番細い針を使っているので、痛みへの気遣いが嬉しいポイント♪

まずは「脂肪溶解注射」を

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」と「脂肪溶解注射」を打つ様子

まずは、局所麻酔を打ち、30秒ほど待ちます。局所麻酔を打つときも、あらかじめ表面麻酔を塗っているので、小濱サンからの感想では「静電気を感じる程度のピリッと感があるだけで全然痛くない」とのこと。

次に、今回併用することになった「脂肪溶解注射」を打ちます。「脂肪溶解注射」と「ぷるぷる注射」は、液体が混ざらないように打ち分ける必要があるとのことです。

眼下脂肪は膜の中にあり、膜には3つに分かれているんだとか。痛みを確認しながら、すべての膜に「脂肪溶解注射」を注入します。もともとある膨らみの中に注入するので、はじめのうちは強調されるように見えますが、徐々に脂肪が溶けて膨らみをボリュームダウンできるんだそう!

「ぷるぷる注射」注入!

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ様子

いよいよ自分の血液から作ったPRPの「ぷるぷる注射」を注入! 注射器を持っていないほうの手で、皮膚の位置を微妙に調整するのが、適切な部位や層に注入するポイントなんだとか。プルージュ美容クリニックの先生によると、注入する位置が数ミリずれるだけで仕上がりの印象が変わるそうです。PRPそのもののクオリティも大切ですが、高い注入技術があってこそのぷるぷる注射なんですね♪ 目の下のへこんでいた部分がふっくらする仕上がりになれば施術完了。マーキングを拭き取って、すぐ帰宅OKです☆

「ぷるぷる注射」施術後の感想

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打った施術後

一連の施術を受けた小濱さんに感想を聞いたところ、「局所麻酔をした後は少し目が開きづらいけど、注射自体はまったく痛みなし! 触られてる感覚もあんまりなくて、眠れるくらい痛くないです!」とのこと。また、「針の跡が気になる人は、サングラスがあると目元が隠せていいかも♪」ということで、ぷるぷる注射を検討している人は参考にしてみてくださいね。

「ぷるぷる注射」施術のビフォーアフター

施術前の目元がこちら

プルージュ美容クリニックのPRP「ぷるぷる注射」を打つ前の目元

パッチリとしたキレイな目元ですが、メイクをした状態でも目の下にはくっきりと青クマがあります。

「ぷるぷる注射」を施術してクマはキレイに消えたのでしょうか。施術後のアフター写真は、5月末頃に追加予定なのでお見逃しなく♪

プルージュ美容クリニックについて

「ぷるぷる注射」を受けられるプルージュ美容クリニックは、徹底したホスピタリティで、院内もきれいなのが魅力です。

明るく出迎えてくれるエントランス

プルージュ美容クリニックの受付

まるで海外ホテルのような大理石風の受付では、女性スタッフさんが笑顔で出迎えてくれます。背景にあるプルージュ美容クリニックのロゴもおしゃれ♪

リラックスできる完全個室

プルージュ美容クリニックの個室

待合は、すべて完全個室で行うので、誰かと顔合わせることもなく、プライバシーに配慮された内装が嬉しいポイント。

清潔感あふれるパウダールーム

プルージュ美容クリニックのパウダールーム・トイレ

ラグジュアリーなパウダールームも完備。施術後、身だしなみを整えたりメイクをするのに使えます。

先生がお答え!「ぷるぷる注射」に関するQ&A

Q1:注射と聞くと痛そう!どれくらい痛いの?
A:個人差はありますが、採血と同じくらいのほんの少しチクッと感じる痛さです。

Q2:注射するのが怖い…。
A:注射が苦手な人には、別途リラックス麻酔(静脈)を追加28,000円で案内することもできます。

Q3:注射後は腫れるの?
A:翌日から稀に腫れることもありますが、術後3日目がピークで、1週間以内に腫れは治まります。

Q4ダウンタイムは?
A:個人差はありますが、通常3〜4日程度です。

Q5:術後のNG事項は?
A:飲酒およびロキソニンなどの鎮痛剤の服用は、術後1週間程度控えください。また、30分を超える長風呂は腫れが引きにくくなることがあるので控えた方がいいですね。

Q6:腫れてしまった時のNG事項は?
A:腫れてきた場合、冷やすこととマッサージはNGです。効果が半減してしまいやすくなります。

Q7:「ぷるぷる注射」は目の下のクマだけ?
A:眉間のシワやこめかみの凹み、目尻のシワ、ほうれい線など、医師と相談しながらご希望箇所に施術できます。

今回お世話になったのは・・・長内享先生

プルージュ美容クリニック院長。心臓血管外科専門医、外科専門医、脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医。「痛みゼロ」をスローガンに掲げ、麻酔の種類や機器、針にまで徹底的にこだわり、患者様が極力痛みを感じないような工夫を凝らした施術が好評。

住所・お問い合わせ先

プルージュ美容クリニック
住所:東京都北区赤羽2丁目15-10 山田ビル2階
アクセス:JR赤羽駅から徒歩3分、JR赤羽岩淵駅から徒歩5分
診療時間:火・水・金・土・日10:00〜19:00
休診日:月曜・木曜
電話番号:0120-535-032

今回レポートしてくれたのは・・・小濱庸子サン

会社員として働くかたわら、モデルとして活動。

Photographer/Yohei Fujii Model/Yoko Kohama Text/Ai Nishimura

この記事をシェアする

  • LINE

関連記事

オシャレガールズの最先端コーデはアプリでチェック♡

\ itSnap Official SNS /

注目記事