「第15回全日本国民的美少女コンテスト」のグランプリは13歳の井本彩花さんに決定!

2017.8.8

毎回多くの応募者が殺到し、数多くの女優が生まれている全日本国民的美少女コンテスト。
8月8日(火)、都内にて本選大会が開催されました。応募総数80,150通の中から、
厳選なる予選審査を通過した21名のファイナリストから、ついにグランプリが決定しました!

佐藤藍子・米倉涼子・上戸彩・武井咲・剛力彩芽・河北麻友子などの多くのスターを輩出してきた
『全日本国民的美少女コンテスト』の本選大会が、8日都内で開催され、各受賞者が決定しました!

ファイナリスト21名から見事グランプリに輝いたのは、
京都府出身の中学2年生、井本彩花(いもとあやか)さん(13歳)。

 

最終審査では、自己紹介・ウォーキング・演技・音楽歌唱・質疑応答審査が行われ、
グランプリの井本さんは自己紹介の際、
「将来は、武井咲さんのような女優になりたいです」とアピール。
音楽歌唱審査では、ZARDの楽曲「負けないで」を歌いあげました。

 

井本さんは、表彰式で名前を呼ばれると、驚いた表情で涙を浮かべ、受賞のスピーチでは、
「こんな私がグランプリを獲れるとは思っていなかったので、
とってもびっくりしていますし、とても嬉しいです。本当にありがとうございました!」
と喜びを語りました。

 

授賞式後に報道陣の取材に応じた井本さんは、

「(カメラマンからの)フラッシュを浴びた時に、
私は本当にグランプリをとったんだなと思いました」

とコメント。

また、ステージ上で実際に憧れの武井咲さんと対面した際の感想を聞かれると、
「すごくキレイだなと思って、感動しました」と話していました。

そして、どんな女優になりたいかという質問には、
「大人っぽい演技ができる、どの役を与えられてもできるような女優になりたい」
としっかりとしたまなざしで抱負を語っていた井本さん。

これからの活躍に期待です!

受賞者

左から、モデル部門賞:谷口桃香さん(16歳)、演技部門賞:伊丹彩華さん(12歳)、音楽部門賞:藤田桜恵香さん(12歳)、グランプリ:井本彩花さん(13歳)、審査員特別賞:玉田志織さん(15歳)、審査員特別賞:石井薫子さん(12歳)、マルチメディア賞:竹内美南海さん(14歳)、グラビア賞:木下凜里乃さん(17歳)

全日本国民的美少女コンテストとは

オスカープロモーションが、1987年から定期的に開催しているコンテスト。
佐藤藍子・米倉涼子・上戸彩・武井咲・剛力彩芽・河北麻友子ら、
数多くの人気スターを輩出してきた『全日本国民的美少女コンテスト』は
「美文化の創造」を目指します。

毎回多数の応募の中からグランプリ以下各賞を発表する同コンテストは、
応募人数・実績・規模ともに各業界から注目され、30周年記念大会として今回で15回を迎えました。

第15回  全日本国民的美少女コンテスト 公式特設サイト
https://beamie.jp/contest2017.html

オシャレガールズの最先端コーデはアプリでチェック♡

この記事の関連リンク